UXデザインを学んだその先にあるモノ


いつからか、UXという言葉をあまり使わなくなった。

UXと言う単語だけ切り出すと言葉の定義が曖昧で、開発現場で建設的な議論がしにくいというのもあるんだけど、現場のデザイナーや開発者がごく当たり前に考えている内容と同じ事でも、UXデザインのプロセスを通ると「これからUXデザイン手法で検証した、すごい結果をお話しますよ」と大層な話になってる事もしばしばある。

イメージの言語化・可視化が、大事なのは同意だけど、最近ではUXデザインと言われているプロセスで得たアウトプットと、感覚が一致していることも少なく無いため「そ、それ、もうわかってるよ。今重要なのは、その先をどう乗り越えるか具体的な手段だ。」と言うことも多くなってきた。

僕自身、過去にUX本を数多く読んだり、有識者から学んで実践してみた感触として、UXデザインを用いて考えられた理想的なプランは、高い熱量と実行力がないと実現に至らない事が多い。そして、その時に求められる事は、見た目のデザインではなく、交渉力や関係者の巻き込み力、だったりする。

例えば、最近だとメルカリの「らくらくメルカリ便」が進化して「ヤマト運輸のセールスドライバーによる出荷に対応し、メルカリユーザーは自宅に居ながら、らくらくメルカリ便を発送できるようになる。それも+30円で。」というニュースを見て、衝撃を覚えた。

UXデザイン的には、「出品後の発送が面倒」という心理的なハードルを下げると言うわかりやすい課題だけど、実現に至るまでの、両社の交渉、システム結合と社内調整を考えるだけでもゾッとする位の大変さが外からでも想像できる。

これらも含めた実行プランまでがUXデザインと言うのであれば良いが、仮に思考だけが先行してそのギャップを超える実行プランが無いと、思考と現場のギャップが大きくなるため「UXデザインって結局理想論ばかりでよくわからない」と話がますます噛み合わなくなっていく。

僕自身、UXデザインに向き合った結果、大事なのは思考より、理想と現実のギャップを超えるための現実的な実行プランをチームを巻き込んで考え続ける、と言う結論で今に至る。

実行されないUXデザインに価値は無い

事業会社において、価値のあるモノは将来性も含めて売上に繋がるモノだと思う。仮に思考がどんなに正論でも、優れたアイディアでも、実行されないと価値が無いし、デザイナーとしては、虚無感にかられる時がある。

僕が「UXとUIは別物です」と突っ込まれたり、一緒に語るなと言われ続けても、頑なにUI/UXデザイナーを名乗り続けているのは、考えたアイディア実現に移す所まで責任を持つのが仕事だと考えているからで、わざわざ切り離す必要も無いと考えている。

その時、実現するインターフェースがGUIでは無い場合もあるが、結局の所、アイディアが実現できれば何でも良いのだ。

UXは、UXデザイナーの持ちモノではなくチーム全員のモノ

UXと聞くと、UXデザイナーが設計してくれそうな雰囲気だけど、1人でできることは限界があるし、理想実現のための議論を突き詰めるためには、やっぱりフィージビリティ感覚が必要になる。

003

 
例えば、極端な例だけど、最近話題のAI領域において安易な気持ちでUXデザインをしてみると「自分の好きなものを食べたい時に、近所でオススメのお店をチャットボットでレコメンドしてくれる機能」みたいな議論になってる場合がある。上っ面のUIだけ考えるとそれは理想的なサービスに見えるけど、おいおいそのデータはどこから持ってきて、いつどうやってトリガーを引くんだよw という事になりかねない。

仮にUI上実現できたとしても、次は、人気のお店であれば混んでいて入店できない事が想定されるので、リアルタイムで予約できるように、店舗オペレーションも含めて検討する必要などがでてくるので、関係者を巻き込んで実現するためにチームで全力で会話する必要がでてくる。

その時、全員が納得行く状態で同じゴールを見てないと、何故実現すべきか、仮に理想を実現できない場合の落とし所はどこなのかがブレてしまうので、個人ではなく、チームでUXに向き合う必要があると思う。

スタートアップにUXデザイナーは必要か

今回この記事を書こうと思ったキッカケとして「UX戦略」を読んだ感想を書こうと思ったからで、その中でUX戦略家の中のインタビューに興味深い回答があった。いくつか引用すると

スタートアップ企業での、最大の課題はたいていの場合、戦略を練ってる時間などない事です。一定の水準以上に複雑な戦略を正しく練るには時間と労力とエネルギーが必要です。スタートアップ企業では、まだまだ自分の価値を証明し、生き残るための足がかりを得るために四苦八苦している段階なので、たいてい場合、戦略立案に回せる時間の余裕など残っていません。

スタートアップ企業の戦略的な方向性は、UX戦略家が率いる独立した組織ではなく、スタートアップ企業の創設者から打ち出されるものです。UX戦略を持ち、より広い製品戦略の一部としてUXについて適切に考えるられるようにする事が大切です。成功している会社は、表立って実践していなくても、UX戦略を理解している会社です。

シリコンバレーの人々が「戦略」という単語にいかに興味を示さないかです。まるで使ってはいけない言葉のような扱いです。非常に真剣にUX戦略に取り組んでいる企業が、なぜわざわざUX戦略を大切にしているのかを対外的に示さなければならないのか私にはわかりません。

最近、UX系の翻訳記事が日本で出回るようになってきて、銀の弾丸のように取り上げられる事もあるけど、これを読んで、スタートアップでの考え方は、日本もシリコンバレーも然程変わらないもんだなと思った。

日本だと、クックパッドやメリカリなど僕の知る限り、UXデザインを当たり前のように扱ってる会社から、UXというワードはあまり聞こえてこない。

池田 そうですね。わたしの場合はなるべく「UI」「UX」といったバズワードは使わず、「ユーザー体験」だとか、具体的な話をするように心掛けています。
『クックパッド』『LINE』『Wantedly』ヒットサービス担当者が語るデザイン設計の極意

おそらく、思考法が会社として定着している状態になると、より具体的な話をする文化が醸成されていくのだと思う。そのため、事業会社では、UXデザイナーという専門職種を必要とするのではなく、UXの思考をチームや組織に定着させる事が大事なのだと思う。

最近、ITのスタートアップ企業に、UXデザイナーの求人が多いというツッコミへの回答としては、UXデザインのプロセスや知識を求めているのではなく、社長が考えるビジョンを、具体的なUIやグラフィックに落とし込める人の事をUXデザイナー呼んで求めている気がする。

UXデザイナーが必要な現場は、非ITの事業会社

だと思うのだけど、この話はまた今度書きます。

UXを学び始めても、現場で手を動かすのをやめてはいけない

これは、主に若者デザイナー向けのメッセージ。

最近「UX知識を学びたい」「UIに自信が無いのでUXデザインを使った上流設計で仕事したい」と言う人も多い。気持ちはよく分かるけど、現場で手を動かす事をやめたらダメな気がする。なんとなく。

おそらく近い将来、UXデザインと言われているモノは、より具体的に仕組み化されて組織に導入されるようになってくる。僕が今仕事している環境では、デザイン思考がフレームワーク化され、全職種知識がある前提なので、カスタマージャーニーマップ手法やUXデザインのための知識啓蒙ニーズは少ない。

その時、大事になってくるのは、目に見えるアウトプットでチームに貢献できる技術は何かと言われた時に、自信を持って答えられる技術を保有しておくことだと思う。現場で手を動かすのをやめるのが早過ぎると、日々進化する技術についていけず、実行プランがイメージできなくなってしまい思考法に頼らざるを得ないため、ディレクションしても具体性に欠けていく。

最近では、デザイナースキルの話で「なぜデザイナーもコードを書くのか」「デザイナーはコードを書くよりも、プロジェクトマネジメントを学べ」「ライティングはUIデザインである」など、デザイナーに求めすぎなんじゃないかと言われるけど、概念ではなく技術にフォーカスした記事上がってくるようになったのは非常に良い傾向な気がする。

全てを兼ね備えた人が居れば、それは最高だけど、1人が自信を持って身につけられる技術は、1つ、多くても2つとかだと思うので、自分が強みにできるスキルを判断して、具体化するフェーズでそれを活かして行くのが良いんじゃないかと思う。

僕なりのまとめ

  • UXデザインは思考は具体的な実行プランを示さないと価値が薄い
  • スタートアップにおいて、UXデザイン思考が必ずしも有効とは限らない
  • UXデザインで考えた理想 – フィージビリティ = 現場のタスク
  • 個人として、大事なのは、実行する時にどのアウトプットでチーム貢献できるか。
UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り
Jaime Levy
オライリージャパン
売り上げランキング: 33,764
 

デザイナーに必要なコミュニケーション能力とは何か


最近、デザイナーにコミュニケーションスキルが必要と言われるしその通りだと思うけど、日本の美大でコミュニケーション教育は重視されてないのに関わらず、社会に出たら突然「重要です!」と言われて最近の新卒は「突き放された気持ちになる」と言う話をたまに聞く。

そして、社会人になるとデザイナーに限らず、同じようにコミュニケーションスキルが必要と言われるのだけど、クリエイターが不幸なのは、教えてくれる人が極端に少ない所だと思う。確かに、デザインスキルは楽器演奏と同じで、実践による反復運動の繰り返しで身につくものだと思うけど、コミュニケーションスキルに関しては、感覚的にと言う言葉で終わらぜず、キチンと言語化しておくほうが良い。

ちなみに、現場で「うちのデザイナーはコミュニケーション力が無くて…」と会話される場合、人の問題ではなく、デザイナーが下流工程に居る事で情報不足・見積もり不足で、不利な状況が故にその問題が起こっているケースの方が多い。

この切り返しをデザイナーの言葉にすると「企画段階から巻き込んでください」と言う会話になるのだけど、正論だけ言ってもなかなか変わらないのが日本ITの現状だったりもする。

だから今、デザイナーは、UXと言う新たな武器を持って上流プロセスに食い込もうとしているのが現状だ。

とは言え「情報不足だからアウトプットもそれなりです」となるのは非常に悔しいのでそれを理解した上で、先回りする立ち回り力・突破力が、現場デザイナーに必要なコミュニケーション力となる。これを認識しておくと、結果も変わってくるので、もし悩んでる人が居たら意識してみると良いと思います。

自分が何者で何が得意な人間なのか相手がわかるように伝える

001

デザイナーの領域は幅広く、広告、ブランディング、イラストからUI、GUIなど多岐に渡るのため、一緒に仕事する人に、何ができる人なのかイマイチよくわかってもらえていない事の方が多い。

例えば、佐藤可士和さんレベルであっても「なんかすごいデザイナーなんでしょ」くらいの理解度なので、仲良い同僚や上司でも、相手が自分を理解してないという前提で、得意スキル・苦手スキルを可視化し説明する癖をつけると、アサインのミスマッチを防げるし、能力を発揮できる仕事にアサインされる可能性が上がり結果も良くなる。

ここで大事なのは単発で終わらせずに、自分のスキルを常にアップデートし可視化しておく事で、iOSの新規デザインはあの人が得意だから任せますか。という状況を作り出す事だと思う。

002

最近は、UX専門のUXデザイナーも現場で増えてきて、非デザイナー職から見ると「デザイナー」というラベルがついて居るに関わらず「グラフィックは作り(れ)ません」となり、あ、じゃあデザイン工数にもう1人月必要なんですね…などと言う事象もある。

そのため、職種論に頼るのではなく、自分の事は自分の言葉で語れるようにすると自然なコミュニケーションができるし、例えばこういう資料やポートフォリオで伝えるのも一つの方法。僕が、DeNA時代に仕事上の制作物をポートフォリオ掲載可能にしたのも、それらの状況を解決するための仕組みを作って健全化したいと言うのも理由の一つで、相手がわかってくれていると言う油断は禁物。

意思決定者と直接話し、 ビジョンをキャッチアップする能力

たまに現場で「ん〜、上がってきたデザイン何か違うんだよね〜…」と微妙な雰囲気になる事があるけど、これは多くの場合グラフィックスキルの問題ではなく、達成したい事のキャッチアップが適切にできてない or ディレクションにエラーが起きているから問題が起こる場合が多い。求めるものと違う方向のデザインを幾ら頑張っても報われない作業に時間を割いている事になるので、今作っているモノが本当に正しいのか自分の目と耳でキチンと見極めるのが大事。めんどくさい気持ちもわかるけど、ユーザーインタビューにも必ず出席しよう。

003

僕は、社内外問わず、理由なく意思決定者と直接話せない環境で仕事は引き受けないようにしているし、プロフェッショナルなデザインファームは、この条件が必ず入っている。どんなに優れたデザイナーでもオリエンが杜撰だと筋が通らずイケてないモノを作らざるを得ないからだ。時には断る勇気も必要。

そして、数人のスタートアップから魂の込められたプロダクトが出来上がりやすいのは、開発スタッフと経営者の風通しが良く、ビジョンを具体化する議論がしやすいのも理由の一つだと思う。あとは熱量。僕の経験上「開発チーム+経営者含めて7人くらい」の組織状況だと、気持ちの良いキャッチボールと、健全な反対意見が入り自浄作用が働く状態で開発できるため、調度良く感じる。一方で、経営者もしくはビジョンを持つ人間が、サービス兼務かつ権限委譲していない場合は、熱量が下がり、軸がブレてそのサービスの成功度が半減する感覚もある。

クライアントワークの場合、代理店の担当者をすっ飛ばすのは中々難しいけど、必要に迫られたらやるべき時もあるし、同席スタイルに切り替えよう。

第三者が適切にデザインを評価できる環境を自分で作る

005

デザインレビュー時「基本的にどんなに優秀な人でも、目の前の見た目にフォーカスしてしまう」前提くらいの気持ちを持っておくと良い。人は見た目が9割という本もある通り、人は目の前の見た目が気になってしまうものだ。本来は、ドラフトデザインで、一連のユーザーストーリーの流れを議論したい場でも、装飾やアイコンなど細かいグラフィックに目が言ってしまい「このアイコンってこれでFIXなの?」みたいな会話がなされて、気がついたら、MTGの流れが装飾やカラーの話に引っ張られてしまい「グラフィックの完成度はまだ30%なのに…」と言う、消化不良なMTGを一度位は経験していると思う。

これを解決するためには、「グラフィックは仮なので評価しないでください」と言葉で伝えるだけでは物足りず、適切に評価できるレビュー環境を作り、自分でディレクションするとミスリードが起きずに安心してデザインに集中できるようになるし、巻き戻りも減る。

004

  • GUIは、気にならない程度の完成度に仕上げてレビューを実施
  • 過去ストック使い回し/購入素材でUXレビューのタイミングを早める
  • ワイヤーフレームは、自分やエンジニアと要件整理用としての利用に留める
  • グラフィック品質は類似サービスを提示し、自分の目指す100点とレビュワーの100点をすり合わせる

006

  • プロトタイピングツールを利用し、レビュー対象の前からスタートする
  • スマートフォンのUIレビューは必ず実機で確認する。
  • 電車通勤中など、リアルに近い環境でのレビューがより望ましい

アジャイル開発に適したコミュニケーションをSlackで実施する

アジャイル開発において、プレゼン形式でデザインレビューするディレクションはもう古いと思う。

結論から言うと『Slackで簡単に日報ならぬ分報をチームで実現する3ステップ 〜 Problemが10分で解決するチャットを作ろう』という記事が非常に参考になるのだけど、Slackに自分専用chを作って、デザインの途中経過と考え方を独り言のようにアップしていくスタイルにするだけで建設的なキャッチボールができるようになる。とてもシンプルな内容。だけど、効果は非常に高い。

007

プレゼン型レビューを実施すると、どうしても「お披露目 × お手並み拝見」 な雰囲気になってしまい駄目出し目的のレビューが一定数でてくる。

感覚的な激詰めでプロダクトがポジティブに作用する現場をあまりみた事がなく双方不幸になるのと、プレゼン型は、どうあってもレビュワーが優位に立てる仕組みなので、この手のプレッシャーが多い現場は、そもそものコミュニケーションスタイルを変えた方が良い。まぁただ、どうにもならなくなった時のちゃぶ台返しが必要な時もあるにはある。

そして、開発中そのツッコミ防御策を考えたり、事前の資料準備に時間割くのが勿体無いので、デザインレビューもアジャイルに適応していく必要がある。

レビュースタイルで、数日間エンジニアに見せず、フィージビリティ未確認で進めて認識違いがあった場合、ロスが大きく生産性が下がるので常時キャッチボールしていく方が良いし、意思決定者の下りと同じく、実装者と直接話すようにしないと有意義ではない。

ただ、ディレクターの頭越しで会話しろと言う意味ではなく、チームで可視化できる状況が最も望ましい。

まとめ

これらが、実践できるようになると「受け身でグラフィック作る人」から「プロダクトを前に進めてくれる自走するデザイナー」として認識されるようになるので、あのデザイナーは最初から巻き込んでおいた方がチームにとって良い。と言う状態を生み出せるようになる。

ちなみに、これらの取り組みを実施してもなかなか状況が変わらない場合は、上流プロセスで取り除けない何らかのバグが起きている可能性が高いので、環境を変えるのも一つの方法。

最近、優秀なデザイナーがフリーランスになるのは、報酬面もあるけど、自分の力が発揮できるクライアントを選別して仕事をした方がより質の高いアウトプットができるからというのも理由の一つにある。

本当は、モノづくりに必要なロジカルと説得に必要なロジカル力は違うという内容を書こうと思ったのだけど、それは又の機会に…

以上、現場からお送りしました。

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス - Work for Money, Design for Love
David Airey
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 109,548
 

UIデザイナーに必要なのは、決定力のあるデザインを作る能力


最近、デザイナーに求められるスキルが多くて何を学べば良いかわからなくなってきた。と言う声を聞くようになってきた。

流行りの記事のいくつかに目を通すと、デザイナーは「経営者と対等に話せるコミュニケーション能力、ビジネスセンスを保有していて、イケてるグラフィックを作り、コードまでかけないといけない」らしい。

スキルを多く保有している方が望ましいのは間違いない。

ただ、現場デザイナーに最も大事なのは実装面での考慮事項が網羅されて考え込まれた「決定力のあるデザイン」を作る力だと思う。

サッカーで言うと、決定力は「得点を決める能力」として使われているけど、UIデザインにおいては「実装面まで考慮された実装可能なデザインであるか」という言葉として使っている。

魅せるデザインとフィージビリティが考慮されているデザインでは、内容がかなり異なってくるので、現場デザイナーとしては特にこのあたりを意識しておきたいところ。

Dribbbleに掲載されているデザインは確かにかっこいい。僕も好きでよく見ている。
参考にしているデザイナーも多いと思うけど、あれはあくまでコンセプトなので、孵化させるためにはフィージビリティを深く考えてデザインする必要がある。

具体的には、仕様が精査されている事に尽きるのだけど、決定力のあるデザインの一例をあげてみる。

… 続きを読む

 

デザインシンキング導入時にバッドエンドになるケースまとめ


最近、デザインシンキングが語られるようになってきました。
ただ、必ずしも全てのケースで有効ではないため、今回は、自分のためにも有効でない場合の整理をしてみました。

先日、この記事が話題でしたが、デザインシンキングについては、記事で言及されている通り『デザイン思考は、技術的に実現可能なものやビジネス戦略を顧客価値や市場機会へと転換可能なものと、人々の要求とを一致させるために、デザイナの感覚と手法を利用する方法』と定義されています。

… 続きを読む

 

UIデザインの勉強を始める新社会人に役立つ書籍まとめ


最近、新卒や若手のデザイナーにUIデザインの勉強になる本を教えて欲しいと聞かれたので、僕が読んで勉強になった本のまとめです。

スマートフォンのためのUIデザイン ユーザー体験に大切なルールとパターン

著者はクックパッド社の池田さん
iOS/AndroidアプリのUIデザイン業務の必要に迫られた時、一番始めに読んでもらってる本です。

… 続きを読む