料理メモ

23
記事

【ペアリングドリンク】レシピのお裾分け #おうちでsio

季節も夏に近付いてきましたね。おうちで過ごす日々が当たり前になりつつありますが、体調など崩されていないですか? 毎日のお食事で、心も体も楽しく整えていただけると嬉しいです。

さて、これまで料理のレシピから調味料、そしておしぼりやお箸に音楽まで、あらゆる形でおうちでsioをお届けしてきました。

しかし、何かお忘れではありませんか? お食事の中で欠かせないもの。そして料理と一緒にsioで楽しんでい

もっとみる

家でパンを焼いてみよう2

家でパンを焼く自由研究を始めました。
前回は既存のレシピに試行錯誤を加え、私が好きなパンのレシピを模索しました。今回はある程度できたレシピとポイントをシェアしたいと思います。このレシピはクラシルさんの「手軽に作れるふんわり白パン」のレシピを個人的好みに変えたものです。まずはクラシルさんのレシピをおすすめします。

私好みのパンレシピ

材料(手のひらサイズ8〜12個分)
強力粉          

もっとみる

水、バター、塩だけの新玉葱のスープ

ここ最近連続で作っているスープです。
何かと使い勝手が良く、約30分で出来上がります。

料理の支度の1番最初に取り掛かったり、朝起きたらすぐに準備し、その間に身支度をすれば、出来あがっています。
なんせ、玉葱だけで作るので、メインディッシュの邪魔をしません。

新玉の甘さやとろとろに崩れたところを楽しむスープです。
味見をした時、甘くて美味しくて驚きますよ!

新玉葱のスープ

新玉葱 2こ(約

もっとみる
いつか作ってあげたいです
624

【自宅で楽しむsioのおもてなし】 #おうちでsio

「お店に来られない時でも、ご自宅でsioの料理を楽しんで幸せを感じて欲しい」

そんな思いから始まった、この#おうちでsio。これまでレシピのお裾分けとして、唐揚げやエビフライ、パスタなどを公開してきました。

本当にたくさんの反響をいただきまして、「幸せの分母」が増えていることを実感し、非常に嬉しいです。

この企画がきっかけで、sioを知ってくださった方も少なくないかもしれません。まだsioで

もっとみる

オンラインキッチン・検証&カイゼン記録(セッションの進め方編)

いやあ……最高でした。

オンラインキッチンという新しい企画。初回の松嶋啓介さんで新しい扉が開き、続いてご一緒させて頂いたsio鳥羽周作さんとMr.Cheesecake田村浩二さん。それぞれの強烈な個性が、この企画は絶対にイケるという確信をくれ、今後の方向性を明確にしてくれました。

sio鳥羽さんのコール&レスポンス!

以前の投稿でも書いた通り、僕はオンラインキッチンを料理教室にしてはいけない

もっとみる
ありがとうございます!!!
59

レシピのバリエーションを増やす考え方

Twitterでちょっとしたアンケートを取らせていただきました。

集計結果と読み取りについてはまた別noteでお話するとして、今日はお悩みトップのきょう何食べるか問題に切り込みましょう。「バリエーションを作るときの考え方」です。

寄せられた声でとても多かったのは「いつも同じ味付け、仕上がりになってしまう、飽きる」という悩みでした。仕方ありません、だって作る人が同じなんだから。(正直なところ、私

もっとみる
心にいつもスープ。
229

バルサミコのポテンシャルは煮詰めた時に発揮される

少し前の事だけど、「10,000人カレー」というイベントに参加した。多摩川の河川敷で、個性豊かな約15ほどのチームが、それぞれ趣向を凝らしたカレーを提供し、お客さんは2,000円を払えばどのカレーでも食べ放題という、とてもピースでハッピーなイベントだ。

僕らは、間借りカレーグループである「ツギハギ」として5人で参加した。

今回ツギハギとしては、様々なビンダルーを作るというコンセプトでイベントに

もっとみる

【o/sioの明太子パスタ】レシピのお裾分け #おうちでsio

#おうちでsio 第5弾は、ナポリタンに次ぐ鳥羽シェフ自慢のパスタ、明太子パスタをご紹介します!

このメニューの開発は、丸の内 o/sioがオープンし、ナポリタンが大好評をいただいていた頃に行われていました。「ナポリタンに次ぐ感動の一品は何か?」 常に次を見据え続ける鳥羽シェフの情熱から、生まれた一品です!

●明太子パスタ●

▶︎材料(1人前)
・1.7mmパスタ 100g

・明太子 40

もっとみる

ご機嫌な朝に食べたい、ズボラ美味しいフレンチトースト|きょうの台所#6

朝、8時半。夫の携帯アラームが、鳴り始める時間です。

もそもそっと動く布団。長い腕がそろぉっと伸びて、甲高い音を止めます。束の間の沈黙を破る、ふぅっという夫の息。次の瞬間、聞こえてくるのは、寝室のガラス戸を控えめに引く音。張りのある、ニュースキャスターの声。

ぼんやりとした意識のなかで、いつもと変わらない朝の音が聞こえます。

あ、嘘。“いつもと変わらない”と言いましたが、大きな変化がひとつだ

もっとみる
ありがとうございます ( ◠‿◠ )
90

料理なんて好きになるもんかと思ってた

「料理はめんどくさいもの」だと思っていた。

まず、会社で残業してくたくたになって帰ってきてからキッチンに立つなんてハードルが高すぎる。とにかくなんでもいいから1秒でも早くお腹に何か入れたいというのに、ネットでレシピを検索するなんて。材料をそろえるなんて。包丁やらまな板やらを取り出さなきゃいけないなんて。しかも食べ終わったらそれを洗う?拭く?片付ける?うん、無理!

料理上手な人は「レシピなんて検

もっとみる
スキ🐋
406